2022.07.25

 

 

 

 

 

 

新築と中古

住宅購入診断士の堀です。

新築と中古のどちらがいいの?
ご相談のなかでそういった話も少なくありません。
結論、どちらが良いというのはないと思っています。

何を優先するかによって、注意をおくかによって
住宅購入者様が自ら導き出す答えは変ってきます。

ですので、様々なことを十分に検討したのち
納得のいく住宅購入をしていただきたいものですネ。

簡単ではありますが、新築と中古のメリット、デメリットを書きます。
これがすべてではありませんので、あしからず、、、

@新築

【メリット】
建物が新しいので最新設備がついていることが多い。
最初から多額な修繕費用を必要としない。
買うときや入居してからの税金が割安、優遇施策がある。

【デメリット】
中古に比べ価格が高い。
図面やモデルルームなど見て決めなければいけないケースも。(完成物件のぞく)
場所が限定され、希望の立地が選べるとも限らない(分譲のケースに多い)
購入時に修繕積立基金や水道負担金がかかる(分譲のケースに多い)

@中古

【メリット】
新築に比べ価格が安い。
実物の住宅を確認してから買える。
立地の選択肢が多い場合も。
修繕積立基金や水道負担金がかからない(分譲のケースに多い)

【デメリット】
建物、設備が古く、修繕コストが高めになる。
状況によっては住む前に大規模なリフォーム費用が必要な場合も。
住宅ローン控除で戻る税金が少ない。
買うときに仲介手数料がかかる。(仲介会社をとおす場合)

一生に一度とも言われている住宅購入。
不安や心配は計り知れないほどのものです。

信頼のおける家族や友人にご相談もよいですが
私達は住宅会社でも不動産会社でもありませんので
中立的な立場でお話をさせていただいております。

ご相談料は無料です。お気軽にお問合せください。

ご予約は⬇️のリンクからお願い致します。
gifu-ouchi.net